山口県済生会豊浦病院(山口県下関市)は、地域に根ざした地域完結型の病院として、安全で質の高い医療を目指しています。

看護部長ご挨拶

看護部長よりご挨拶

 当院は山口県の最西端に位置し、一般病床186床(地域包括ケア病床31床含む)、療養病床89床を有し、白砂青松の自然環境に恵まれた環境の中で、地域の保健・医療・福祉の一環を担い、下関北西部、北浦地域の唯一の公的病院としてなくてはならない重要な役割を担っています。看護部は済生会の「救療済生」の創立精神に基づき、「地域に根差した医療の提供」という病院理念の基、安全・安楽・満足のいく看護の提供としっかりと向かい合いその人らしさを尊重する態度で、笑顔で明るくはつらつと行動することを看護の理念に掲げ、看護の実践に取り組んでいます。

   教育においては、クリニカルラダーと目標管理を導入し、個人のキャリア開発を支援しています。また、看護師一人一人が学びたい課題を組織横断的に学べる研修体制を整えており、学んだ成果を地域に出前講座として講演するなどやりがい感につながるような体制作りを行っています。このような看護実践が地域の信頼につながるよう、あたたかい心のかよう看護を提供したいと思っています。また、当院は「接遇日本一」を目指しており日々努力しています。職員は皆ウエルカムの姿勢で、いつでも皆様のお越しをお待ちしています。

 

看護部長   認定看護管理者  

村上 道子 

お問い合わせ TEL 083-774-0511

PAGETOP