山口県済生会豊浦病院(山口県下関市)は、地域に根ざした地域完結型の病院として、安全で質の高い医療を目指しています。

病院概要・沿革

病院概要

名称社会福祉法人恩賜財団済生会支部 山口県済生会豊浦病院
管理者院長  中司 謙二 (なかつか けんじ)
所在地〒759-6302 山口県下関市豊浦町大字小串7番地の3
連絡先TEL:083-774-0511(代表)  FAX:083-774-2590
許可病床数275床
一般病床 189床【内 地域包括ケア病床45床】
療養病床  86床
診療科内科、小児科、外科、整形外科、脳神経外科、泌尿器科、産婦人科、療養内科、神経内科、心療内科、皮膚科、眼科、耳鼻いんこう科、麻酔科
敷地面積40,648.81㎡(12,296.26坪)
建物面積4,713.85㎡(1,425.93坪)
構造規模鉄筋コンクリート造(一部、鉄骨造)/地上6階・地下なし
関連施設豊浦地域ケアセンターひびき苑

 

沿革

昭和19年06月01日広島陸軍第一病院小串転地療養所として発足
昭和20年12月01日厚生省に移管され、国立山口病院となる。
昭和42年04月01日国立療養所山口病院として、許可病床数360床で発足
昭和56年04月01日(国立療養所小串清風荘と統合)
病院転換により国立山口病院 開設(診療科15科  許可病床330床)
平成12年07月01日国立山口病院を豊浦町に経営移譲
山口県済生会豊浦町立病院 開設(診療科17科  許可病床275床)
管理・運営を「社会福祉法人恩賜財団済生会支部山口県済生会」が受託
平成12年08月救急病院告示
平成13年08月1.2.3病棟増築/外来管理棟にエレベーター増設
平成14年01月「理念」及び「基本方針」を策定
平成14年11月「病診連携室」を設置
平成15年05月「医療・福祉相談室」を常設
平成17年02月13日 市町村合併に伴い名称を「下関市立豊浦病院」に改称
平成17年02月オーダリングシステム運用開始
平成17年07月「診療情報管理室」を設置
平成18年02月下関市の公の施設に係る指定管理者の指定を受ける
「医療安全管理室」を設置
平成18年02月日本医療機能評価機構V4.0の認定を受ける
平成19年02月一般病棟基準看護 10対1 を取得
平成19年03月 「薬剤情報管理室」を設置
平成19年04月下関看護専門学校の臨地実習施設を受託
平成20年01月介護療養型病床(6病棟 60床)を医療療養型病床に転換
平成20年04月院外処方箋発行開始
平成22年07月管理・運営を受託して「開業10周年」(開設日H12.7.1)
平成23年02月日本医療機能評価機構V6.0の認定を受ける
平成24年04月01日地域医療連携登録医制度運用開始
出前講座開始
平成24年09月山口大学協力型臨床研修施設
平成26年03月下関市が「下関市立豊浦病院整備基本計画」を策定
平成26年09月地域包括ケア病床 31床 開設
平成26年10月01日一般病床 155床 を 186床(内 地域包括ケア病床 31床) に
療養病床 120床 を  89床 に変更
平成28年4月01日済生会に譲渡「社会福祉法人恩賜財団済生会支部山口県済生会豊浦病院」 病院名変更
院内保育所「ひびき保育園」新園舎完成
平成28年6月(仮称)済生会豊浦病院改築事業地鎮祭実施
平成28年6月(仮称)済生会豊浦病院改築事業着工
平成30年4月山口県済生会豊浦病院新病院棟引渡
平成30年7月山口県済生会豊浦病院新病院開院

 

お問い合わせ TEL 083-774-0511

PAGETOP