山口県済生会豊浦病院(山口県下関市)は、地域に根ざした地域完結型の病院として、安全で質の高い医療を目指しています。

プリセプターインタビュー

インタビューに参加してくれた看護師・・・ 隅田看護師/河野看護師/辻原看護師/池本看護師/中西看護師

隅田看護師へのインタビュー

Q:入職して3年が経ちましたが仕事はいかがですか?

A:仕事自体は楽しいです。コミュニケーションをとるのが好きですね。話す事が好きなので。新入は積極的に話す明るい性格なので楽しいですね。師長さんや副師長さんと職場環境をより良くする為にアイディアを出しながらいろいろ企画していきたいです。職場以外でスタッフの繋がりも増やしていってプライベートも充実させていきたいです。

Q:プリセプターになって3ヶ月ですがいかがですか?

A:プリセプターとしては不安でしかないです。プリセプティーから何を質問されるのか、それにきちんと答えられるのか、日々ドキドキしています。プリセプティーは准看護師の時、別の職場で働いていたので、患者を看る、バイタルを測るというのは出来るんです。今彼女が指導として何を求めているのか、不透明なところに対しての僕の不安。プリセプティーが必要としている事に対して、きちんと応えてあげることが出来るか。でもこの課題を乗り越えていきたいです。

Q:隅田さんがプリセプティーの時、プリセプターとの関係はいかがでしたか?

A:今思うと僕がプリセプティーの時は逆なんですよ。プリセプターが僕に何を求めているのか考えたりして。気を使っていたというか、言われたことをしようという感じだったんですよ。じゃ今実際どうかっていうと、僕が何か言うことがないので、あん まりそこまで感じてないのかな。

Q:1年目のエピソードは何かありますか?

A:忙しかったですね。仕事も覚えたいけどチームで勉強会があって発表をしたり、レポート提出があったりして。仕事も覚えたいけど、家に帰ってもそればかりで、それをしていたらそっちに頭がいってしまって、仕事が抜けて、どっちつかずで、中途半端で。悩んでいました。その時プリセプターは腎移植の勉強会を開催することに一生懸命で。緊張していたのもあって終わった後、目がウルウルして、やっぱりプリセプターでも緊張するんだなーと。でもそれだけ頑張っているんだと思って。そういうのを見ているといろんな意味で、活力になりました。今、自分はそういうところを見せないといけないのかなって。

 

河野看護師へのインタビュー

Q:入職して3年が経ちましたが目標とするものが何かできましたか?

A:梅瘡に興味があって、認定看護師を目指したいと思っています。

Q:プリセプターになって3ヶ月ですがいかがですか?

A:そうですね。一番印象的な事は、プリセプティーが泣いてきたことがありました。本人は前回失敗したので今回はちゃんと対応しようと思っていたみたいですが、先輩看護師から指導が入ったみたいで。 僕はその時昼休憩に入っていて。休憩から出てきたらプリセプティーから「ちょっといいですか」というので、二人で話すとブワーっと泣き出して。僕としてはそういうことを吐き出してくれたことが嬉し かったですね。『頑張って支えていかなければ』と思いました。

Q:自部署で凄いと思える先輩がいますか?

A:すごいと思える先輩は同い年ですけど、Sさんですね。知識が群を抜いてすごい。何を聞いても分かるんじゃないかと思えるくらいよく知っていて、頼りにしています。できれば抜きたいです。10年の差はなかなか縮まらないですけどね。(笑)

Q:最後になりたい看護師像、後輩へのメッセージはありますか?

A:自部署は単科ではなく多科の病棟なので、他の病院と比べたら幅広い知識や技術を得る事ができる良い環境だと思います。

 

辻原看護師へのインタビュー

Q:勤務以外は何をして過ごしていますか?

A:友達と飲みに行っています。

Q:入職して3年が経ちましたが仕事はどうです か?

A:今が一番大変です。今まで部屋持ちしかしていなかったけど、リーダーもするようになって、先生に怒られる回数も増えだし、自分で考えないといけないことも増えて。でも先輩は助けてくれるので、『頑張らないと』って思います。

Q:プリセプターになって3ヶ月ですがいかがですか?

A:こんな風に悩んだり、大変なことをしてくれていたんだと思って。プリセプターになってまだ3か月しかたってないけど、本当に大変だなあと思います。

Q:入職して3年が経ちましたが目標とするものが何かできましたか?

A:リーダーする時、根拠が分かったうえで、仲間や先輩に頼みたいんですけど、自信がない部分があって。分かっていないとお願いすることもできないと思うので、もう少しいろいろ勉強も頑張ろうかなと思って。

Q:最後になりたい看護師像、後輩へのメッセージはありますか?

A:海や山が近くて、自然に癒されます。憧れる先輩がいることでやる気に繋がっています。

 

池本看護師へのインタビュー

Q:病棟から透析室への、異動の希望理由を教えてください。

A:CHDFの患者さんが時々病棟に入院され、腎不全の患者様への興味をもったので、そういうのに関わりたいと思ったからです。

Q:入職して3年が経過しましたが目標とするものが何かできましたか?

A:自分が希望して透析室に異動になったので意欲的に勉強しています。知識や技術が深まり、実践に活かせることにやりがいを感じています。透析の流れを一人で出来るようになりたいです。

Q:なりたい看護師像や、後輩へのメッセージはありますか?

A:就職を考えた時、ここ(豊浦病院)のホームページを見て、課題別研修があるのを知りました。課題別研修で自分が興味のある内容に対して一年を通して学べるのが魅力的でここに決めました。他部署のスタッフと交流を深めながら多数で学習することで学びが深まります。

 

中西看護師へのインタビュー

Q:中西さんがプリセプティーの時はいかがでしたか?

A:特に1年目は毎日辞めたかったし…最初の半年は毎日家で泣いて、職場でも泣いて…

Q:色々あったようですが、今まで辞めなかった理由を教えて下さい。

A:看護師の仕事は人の命に関わる為、その責任の一端を負わなければならないハードな職業だと思います。その分、得られる喜びも大きくやりがいを感じます。患者様からの「ありがとう」の一言は魔法の言葉で、栄養剤にもなります。その、言葉があるから続けてこれたと思います。また、信頼できる上司や同僚に出会えたからです。

Q:プリセプターになって3ヶ月ですがいかがですか?

A:とりあえず、話の中心にもっていけるようにしています。休憩中とか一人でポツンとならないように気を付けています。居場所を作ってあげる事が私の役割だと思っています。

Q:患者さんとのエピソードで嬉しかったこととか、何かありますか?

A:私は2病棟から7病棟に異動になりました。2病棟で勤務している時、担当ではない患者さんが、退院が決まったといって私の勤務場所をわざわざ聞いて、会いに来てくれたことが嬉しかったです。

Q:仕事のリフレッシュはどのようにしていますか?

A:友人との旅行やマインドフルネスを行っています。

 

お問い合わせ TEL 083-774-0511

PAGETOP